もくばらやの気楽な栽培記録

栽培している植物や気になる植物について(アロエやアガベなど)

「アロエ」の記事一覧

アロエ アンタンドロイ Aloe antandroi

本品種について マダガスカル原産のアロエで、標高50〜200mの乾燥した石灰岩の上や礫の上に自生している。 根元付近で分岐し、ひょろっと長い茎がみられる。 葉はロゼット状に展開し、灰緑色で上面は時に小さな白い点が散在し、 […]

アロエ ストリアータ Aloe Striata

本品種について 和名:慈光錦(ジコウニシキ)と呼ばれることもある南アフリカ原産のアロエです。 無茎ですが、古い株では茎が伸びることがある。 葉は非常に広い三角形で、開いたロゼット状に広がる。赤みを帯びた灰色で、不明瞭な縞 […]

アロエ へレロエンシス Aloe hereroensis

本品種について 和名:青刀錦と呼ばれることもあるアンゴラ、ナミビア、南アフリカと広く分布しているアロエです。 単独または小さな群落を形成し、茎は殆ど伸びない。 葉は弧状で直立するように展開する。また、つやがあり、淡い斑点 […]

アロエ プリカティリス Aloe plicatilis

本品種について 別名:クマラ プリカティリス、和名:乙女の舞扇と呼ばれることもある南アフリカ原産のアロエです。 標高 1,000 〜 1,400 mの地域で南西向きの急斜面の岩場に自生し、冬には雨が多く時折雪も降流地域に […]

アロエ ノビリス Aloe nobilis

本品種について 和名:不夜城と呼ばれることもある園芸品種のアロエです。 多くの有識者がノビリスは原種ではなく交配種だと語ります。 ノビリスには2つのタイプがあり、1つはより直線的な葉で、濃い緑色、白っぽい歯がある葉を呈し […]

アロエ スザンナエ Aloe suzannae

本品種について スザンナエはマダガスカル南部原産のアロエです。 標高30〜100 mの潅木地帯に生育し、マダガスカルのアロエの中では最も大きい。 マダガスカルで最も絶滅の危機に瀕している種の一つでもあります。 通常分岐し […]

アロエ エリナケア Aloe erinacea

本品種について アロエエリナケアはナミビア原産のアロエです。 標高500 m前後の降雨量の極めて少ない乾燥した地域の岩石丘陵に生息しています。 メラナカンサの亜種とされることもありますが未だに判然としてません。 株は単独 […]

アロエ バリー Aloe balii

本品種について ジンバブエ東部原産のアロエです。 自生地は川沿いの崖や急斜面の草むらに見られることが多いようです。 一つの根元から分頭し、大株では50本以上の群生となる。また、枝分かれすることもある。 葉は、20〜30c […]